設備を清掃して機能を向上させよう

換気扇の役割を知る

今も昔も変わらない換気扇の役割。これを事前に把握していれば、きれいな空気を長く維持することができます。換気扇を常にきれいな状態に維持するためにも、換気扇掃除は欠かさず行いましょう。

詳細を確認する

換気扇の修理

換気扇も長く使用していれば故障してしまうことがあります。修理すべきなのか、買い換えるべきなのかをしっかりと判断すれば、換気扇が持つ役割を存分に発揮させてあげることができます。

詳細を確認する

換気扇をインテリアに

家のインテリアに気を配っているのであれば、換気扇のスイッチまでに目を向けてみましょう。カバーを取り替える、スイッチを最新式のタイプにするなど、スイッチ交換を行えば、ほかのインテリアとの統一感を持たせることができます。

詳細を確認する

オール電化にする

魅力的なメリットを多く持つ「オール電化」。これを用いてリフォームする際は金銭面に気をつけることが必要があります。業者を利用する際は、費用面を比較することを忘れずに行うことを心がけると良いです。

詳細を確認する

換気扇の掃除

高品質なダクトや換気扇は激安通販を利用して購入する事をお勧めします!その他にも多数商品を取り揃えているのでチェックしてみましょう!

レンジフードタイプの問題は掃除のしにくさ

キッチンの換気扇といえば、かつては壁に開口部を作ってそこにプロペラファンを取り付けるというシンプルな構造のものが主流でした。このタイプは天気が悪い日には雨が降りこんだり強風で動作がおかしくなるといった問題がありましたが、掃除が簡単にできるというメリットがありました。 一方、現在主流となっているのはいわゆるレンジフード型と呼ばれるタイプです。これはガス台等の真上に設置した箱状の装置で、ファンはその中に組み込まれています。排気は装置につながったダクトを通じて行われるので、キッチンが直接外壁に面していなくても設置できるというメリットがあります。しかしその反面、掃除がしにくいというデメリットがあります。

汚れが溜まったら専門業者に任せるのがベスト

レンジフードタイプの換気扇掃除は、装置をいったん分解しないとできません。しかも頭上の高い位置に設置されているため、作業が非常にやりにくい状態にあります。そのためつい一番外側のフィルターだけ掃除して、肝心の換気扇掃除はしないまま放置してしまうといった事態になりがちです。しかし換気扇掃除を行わずにいるとファンに汚れが付着して換気能力が落ちたり、匂いが室内に逆流したりすることがあります。 そこまで汚れが溜まってしまったときは、いっそのこと専門のハウスクリーニング業者に換気扇掃除を依頼した方が賢明です。専門業者であれば設備を分解して浸けおき洗いなどで汚れを完全に落とし、元通りのきれいな状態に戻してくれます。 近年はデザインに凝った外国製のレンジフードなども輸入されていますが、デザイン性の高さは時として掃除しにくさにも通じてしまうことがあります。そのため、専門業者の活躍の場は今後ますます増えていくものと予測されます。

最近のリフォーム事情

内装を変える、というイメージが定着しているリフォーム。外装をリフォームすれば、住宅の老築化を防ぐことができます。住宅の寿命を伸ばすためにも、リフォームは外装から始めることをおすすめします。

詳細を確認する